今月の特別な一日(9月15日)

朝10時からの礼拝は、大高伊作先生をお迎えして、「復活の希望に生きる」というメッセージをいただきました。

 

賛美チームのふたりによる讃美「きぼう」。息もピッタリです。

 

お昼の愛餐会のメニューは「はらこ飯」。宮城県の郷土料理ということです。おかわりする人続出でした。おいしい!

 

子どものミニパーティーが始まりました。振りつきの讃美、牧師のメッセージの後は、ゲームタイム。バラバラになった聖書のことばが会堂中に隠されていました。みんなでさがしてつなげると……

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべてのことにおいて感謝しなさい。

が、できました。

楽しくおいしいBBQ,。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マシュマロを焼いてクラッカーではさんで、はい、召し上がれ。

 

プログラムの最後は花火でした。夏の終わりを感じます。素敵な一日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です